パソコンなんか、使わない!新規客をリピートさせる実例。

富志勢(フジセ)は
広報・集客・経営を含めた店舗・会社の総合コンサルティングを行っています。
広報ノウハウ、ホームページ本体制作・運営ノウハウ、経営コンサルティングを含めて、月10,000円から。契約は最低1年。
店舗の収益を良くするノウハウを知る事が出来て、ホームページも新しくできるお得な総合コンサルティング会社です。
>> 無料相談お申し込みはこちら

現代、パソコンを活用した情報発信・集客などが沢山紹介されています。
実際にSNSを使って情報を発信したり、そこでコミュニケーションして、集客を行っている所もあります。
スマートフォンの集客アプリなんかを使っている所もありますよね。

しかし、パソコンを使って情報発信しよう、と思って断念している方がいかに多いか。

僕はその理由が分かります。

個人企業・個人店は現場に携わってる時間が多い。
つまり、実作業が営業のほとんど。
パソコンなんて触っている時間はないのです。
スマートフォンも同様です。

それは「やらない理由」を探しているだけ、という指摘もできます。
しかし、私は思うのです。
合わない事であればやらずに、別の方法で集客すればいいじゃないか、と。
無理矢理ツールを使って、結局やらないという事であれば、自分にあった集客をすればいいわけです。

パソコンを使わない集客のポイントは、既存客をうまく使う事です。
また、新規客が来たら、それを必ず再来店する手だてを作る事です。
(まあ、集客はこれにつきますけど....)

1つ、新規客に再来店を促す、アナログな実例を紹介しましょう。
ある飲食店が使っている、新規の団体客を再来店させる方法の1つです。

それは「焼酎のボトル」を使います。

もうおわかりかもしれませんが、団体客にボトルを1本、プレゼントするのです。
そのタイミングですが、お客様の飲食中ではありません。
帰る際、精算が終わって、もう帰る頃に、団体の幹事の方に行います。

ボトルにあらかじめ会社の名前を書いて、それを見せて、次回もお待ちしている、と伝えるのです。
会社のキープがある、と分かっていれば、次の宴会の時の選択肢として、少なくとも入ります。
無料券とかではだめです。
現物を見せ、実際にモノがある事が、かなりの威力を発揮します。

この方法は、パソコンなんか使いませんよね。
現物を用意して、タイミングを図るだけ。
後でメールを送る、なんて事より効果がありますよね。

こうしたアナログな集客方法が、実はかなり効きますし、結構あります。


好きなお店の店長が悩んでいる、店舗経営のコンサルタントを探している、お店にホームページが無い、もっと繁盛して欲しいお店がある、そういう方は是非弊社をご紹介ください。初回の相談は無料です。契約締結の場合は謝礼を差し上げます。


小さな会社・飲食店専門のコンサルタント 富志勢
経営不振・問題があって困っている店舗・企業の方、1度お話しましょう!

お店や会社の収益アップや改善、集客(ホームページの制作・集客・運用等)、資金繰り、人事、経営の悩み、ご家族トラブルまで、様々な店舗・会社のお悩みを改善しています。
月々10,000円からのコンサルティング料金で、様々なご相談をお受けしております。
まずはお気軽にご相談ください。
お話をお聞きするだけでしたら無料。無理なセールスなどは一切致しません。
まずは下記のページから、ご相談予約をお願い致します。

無料相談ご予約ページ https://coubic.com/fujise/387196

コンサルティングご対応エリア:九州一円(福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島)山口県及びその近郊・広島県及びその近郊・東京都及びその近郊
※無料コンサルティングを行う際に、旅費が別途かかる場合がございます。
※スケジュールを変更して頂く事もございます。

富志勢 コンサルタント
竹下和宏
Facebookページ https://www.facebook.com/fujisecoltd/
インスタグラム https://www.instagram.com/kaz007_007/