韓国語・中国語対応の悲劇

富志勢(フジセ)は
広報・集客・経営を含めた店舗・会社の総合コンサルティングを行っています。
広報ノウハウ、ホームページ本体制作・運営ノウハウ、経営コンサルティングを含めて、月10,000円から。契約は最低1年。
店舗の収益を良くするノウハウを知る事が出来て、ホームページも新しくできるお得な総合コンサルティング会社です。
>> 無料相談お申し込みはこちら

2020年は東京オリンピック。
外国人旅行者も年々増加。
外国人をターゲットにした戦略を様々考えている経営者の方も多いと思います。

しかし、戦略が裏目に出た所もあります。
これはある飲食店の悲劇。

福岡の飲食店ですが、中国、韓国の旅行者が多い福岡。
そうした方を取り込もうと、入口に韓国語と中国語で分かる様に看板を出しました。
メニューも韓国語、中国語で添え書きをしました。

確かに、韓国人、中国人のお客様は増えました。
忙しい日が続きました。

しかし、ふとある時に気づきます。
日本人のお客が少なくなっているのです。
お得意様だったあの人も、あの人も、しばらくお店で顔を見ません。

ある日、昼間に歩いていると、お得意様だった方とばったり会います。

「しばらくお店で会いませんね。来てくださいよ〜」

と声を掛けると、お得意様は言いました。

「中国人とか韓国人のマナーが悪いので、正直、お店に行けないんだ。」

私は中国人と韓国人のやみくもに批判をしたい訳ではないんですが、事実、マナーが悪い方を良く見ます。
地元、日本のお客さんは、そのマナーの悪さを許せないんですよね。

そして中国人の爆買ブームも去った今。
お客も減って行き、さらに日本人のお得意様も失った状況です。
今では中国語、韓国語を外し、お店を開いています。

私の持論なのですが、他言語に対応するなら、英語までです。
よく考えてみてください。
日本人が外国に行っても、そこまで日本語で案内されませんよね。
そういう事です。


好きなお店の店長が悩んでいる、店舗経営のコンサルタントを探している、お店にホームページが無い、もっと繁盛して欲しいお店がある、そういう方は是非弊社をご紹介ください。初回の相談は無料です。契約締結の場合は謝礼を差し上げます。


小さな会社・飲食店専門のコンサルタント 富志勢
経営不振・問題があって困っている店舗・企業の方、1度お話しましょう!

お店や会社の収益アップや改善、集客(ホームページの制作・集客・運用等)、資金繰り、人事、経営の悩み、ご家族トラブルまで、様々な店舗・会社のお悩みを改善しています。
月々10,000円からのコンサルティング料金で、様々なご相談をお受けしております。
まずはお気軽にご相談ください。
お話をお聞きするだけでしたら無料。無理なセールスなどは一切致しません。
まずは下記のページから、ご相談予約をお願い致します。

無料相談ご予約ページ https://coubic.com/fujise/387196

コンサルティングご対応エリア:九州一円(福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島)山口県及びその近郊・広島県及びその近郊・東京都及びその近郊
※無料コンサルティングを行う際に、旅費が別途かかる場合がございます。
※スケジュールを変更して頂く事もございます。

富志勢 コンサルタント
竹下和宏
Facebookページ https://www.facebook.com/fujisecoltd/
インスタグラム https://www.instagram.com/kaz007_007/